勉強の悩みご相談ください

まずはお気軽にお問合せください。

お問合せはこちらから

はじめに教えすぎないこと


ここ最近、個別指導が流行っている一番の理由は、先生が横にいて自分のわからないところを丁寧に教えてくれ、時には雑談を交えて楽しく授業をしてくれるということだと思います。

先生が横で教えたことをすぐに再現するのは簡単で、確かにこのやり方で成績があがる生徒はいますが、ほとんどの生徒はあまり成果が出ていないと思います。それは生徒にとって自分できちんと考えて問題に取り組むことは非常にシンドイことであり、苦手分野ほど出来るだけ考えずに済まそうとします。そして、一度、すぐに教えてもらえるクセがつくとほとんどの場合、自分で考えようとしなくなり少し考えれば解ける問題でも条件反射的にすぐに先生に答えを聞くようになります。

また、このような生徒は学校で習っていないことは出来ないとも思い込んでいて、予習を極端に嫌います。一方で、習っていないことでも、その説明を見てとりあえずやってみようとする生徒もいます。

未知のことでもとりあえず説明を読んで解いて、間違えたら間違えた原因を考えて、それが納得できれば徐々に生徒自身が普段からこのような考えで自然と勉強するようになっていきます。



コメント