勉強の悩みご相談ください

まずはお気軽にお問合せください。

お問合せはこちらから

意識すること

数学の計算問題で間違えるのは、たいていの場合、全部を見過ぎているのではと思います。

困難は分割すれば簡単になるので、文字式の計算でしたら「符号・数字・文字」の順番で一つずつ見ていけば間違えなくなります。

また、問題用紙には正解の答えを書いているのに、解答用紙に書く際になぜか間違いの答えをかいてしまう生徒もたまにいます。

おそらく答えが出た際に集中力が途切れてしまい、間違った答えを書いてしまっているのでしょう。あとで、本人に聞くと、なぜそのような答えを書いたのかわからないということが多いです。

これを防ぐには答えが出て、解答用紙に答えを書く際に問題用紙の答えを「指さし」して解答用紙に答えを書くことにすれば、指さしした答えに自然と意識がいくので、答えの書き間違いを防げるのではと思います。

このように何に意識を向けるのかわかっていないと同じような間違いを繰り返すことになります。

コメント