勉強の悩みご相談ください

まずはお気軽にお問合せください。

お問合せはこちらから

準備は早めに

何事においても事前の準備は必要です。準備が出来ていないと肝心な時に慌ててどうしようもなくなります。

中学生でしたら、部活が大変だから夏に引退してから入試に向けての勉強を頑張ろうとか、小学生でしたら、小学校のテストが簡単だからこれ以上のことはしなくてもいいなど、実際に困ったことにならないとなかなか将来のことを実感することはできません。

おそらく毎年、中3の受験生のほとんどが12月になって自分の内申点が大体わかった時に、もっと早くから頑張っておけばよかったと後悔します。

小学生も中学校に入学してテストで順位が出て、部活も含めた色々なことに対応するのに慣れないまま自分の学力を上げることに対処しなければなりません。

高校生は授業の進度が中学生の時とはくらべものにならないくらい速いので、一度引き離されると自力で取り戻すことは気持ち的にもほぼ不可能になります。

このようなことにならない方法は、事情のわかる大人が事前に少しずつでも将来、困りそうな事柄を無くしていくべきだと思います。

例えば、日頃から問題文をきちんと読み、考え、解かせる、覚えることはいきなり暗記するのではなく、理解してから反復するなど、勉強の基本を身につけさせることが将来のつまづきを回避する準備にまずはなるのではと思います。

コメント