新年度の募集について 詳しくはこちら

尾方塾の小学生たち①

飛び級でどんどん先取り


中学・高校生になって勉強することに悩まない、もっと言えば勉強を楽しむ子になって欲しいと考えています。


そのためには、小学生の早期の学習への取り組みが大事だと考えます。


例えば、算数・数学で考えてみると、

実は小学算数は6年間、120時間で学びますが、

中学数学は3年間、120時間で学びます。


知的興味の強い小学生の場合、大変間延びしたカリキュラムで 6年間算数を学ぶことになります。


私が、むしろ心配なのは、簡単すぎて、興味をなくしていく子供たちのことです。


小学校は単元ごとのテストですから、習いたてでテストして点数が良い場合「できている」と錯覚してしまいますよね。


いずれ中学になると、立派な学び残しになってしまいます。

中学は小学校より倍学ぶスピードが早いのに…


数学嫌いの原因がここです。

小学校の高学年では、すでに勉強の好き嫌いは始まっています。

まして、そうなった場合、試験や部活に追われる中高校生になってから得意にしていくのは厳しいかもしれません。

素直なうえに考えが柔軟な小学校のうちに先取りによる学力アップや集中力・理解力などの学習能力をどんどん高めて、

『勉強が大好きな子供』を育てたい考えています。

しかも、単なるどんどん先取りではなく

「楽しい!面白い!」と感じてもらえる指導を行っています。

何故それが可能なのか次回お話しします。

このブログをシェア

このブログを書いた人

尾方 一男 尾方 一男 尾方塾 塾長

安易な方法を教えず、正攻法で臨みます。

目次
閉じる