新年度の募集について 詳しくはこちら

春期『理社暗記特訓』終了しました。

尾方塾では、今年度から季節ごとの『講習』の期間には、

通常授業を並行させないことにしました。

せっかくの講習なので、

ふだんはできない学習体験を通じて、

ふだんとは一味違う学習成果を作りたいと考えたからです。

春は3/28~4/1。5日間連続の『理社暗記特訓』。

新中1~3生が全員参加。

特に新中1生はまだ中学に入学していないのに、

上級生にぜんぜん負けてない勉強ぷりでした。

これから学ぶ新学年の「暗記事項」を少なくとも一学期分、

集中的に暗記していきました。

短期記憶で終わるのではなく、

この一年間、

繰り返して長期記憶にしていきます。

また、ただの暗記に終わらず、

本当に理解し暗記したかがチェックできる小テストを実施し、

アウトプットを意識した練習を行いました。

ところで、理社は積み上げ式ではなく、

基本的には「暗記科目」ですが、

どちらも、暗記して答える「暗記系」と、

基本的な解法パターンを理解して回答する

「理解系」の2つの要素があります。

それぞれ勉強法が異なるため注意が必要です。

2つの勉強法のポイントを押さえることも、

今回、しっかり指導させていただきました。

「暗記系」は知識さえ身についていれば答えられます。

なので、「用語・知識を増やす」ためにのは、

「何度も繰り返して問題を解く」ことが必要。

問題集を繰り返し解き、そのままテストを実施しました。

このテストのとき、

自然に覚えた内容を思い出せるようになることが目標です。

この「思い出す練習」を意識してもらうために、

「特別な小テスト」を作成し実施しました。

「理解系」の学習をするときは、

「なぜそうなるのか」を理解することが重要です。

どんな「原因」によって、どんな「結果」になったのか、

理由をしっかり把握することが大切。

講習授業ではサポートの先生方が、

「理解不十分!」と判断するやするやいなや、

「なぜそうなるのか」を懇切に個別に説明してくれていました。

新しい試み、多少の不安もありましたが、 私の想像を大きく超えて頑張り切ってくれた5日間になりました。

このブログをシェア

このブログを書いた人

尾方 一男 尾方 一男 尾方塾 塾長

安易な方法を教えず、正攻法で臨みます。

目次
閉じる