塾紹介・塾の概要

塾の紹介

対象学年は、小学生・中学生・高校生です。
通常授業では、生徒それぞれが次のテストまでにしなければいけないことを各自こなします。
夏期講習などの季節講習は原則、全員に参加してもらいます。

小学生は、今までは学習内容を学校にあわせるようにしていましたが、今後は生徒それぞれの進度により一層あわせます。小学5年生までで、小学生の内容をすべて終えるようにして、小学6年生から中学生の内容に入り、中学受験をせずに塾で小中高一貫教育を実現し、無理のない大学受験をすることが可能になります。

また、自分でテキストの例題を確認してから問題を解いて答え合わせをする(もちろんできなかった問題は説明しますし、生徒の答え合わせの確認は必ずします。)ので、通塾するにつれて自分で勉強することがどのようなものかが徐々に身についていきます。将来、中学校に進学する際に中学生から塾通いされるよりも、『自学』の基本が身についているので、大幅にアドバンテージのある状態になります。実際に中学生の学習が十分進んだ小学生が中学生の模試に参加して、十分すぎるほどの結果を出しています。

中学生の週3回の通常授業は、プリントとテキストを使っての学習が中心となりますが、とにかく自分が勉強したことを確実に身につけることを意識してもらいます。そのために「全力」期間まではテキストの学習チェックシートで、「全力」期間ではサクセスシートで自分が何をしなければいけないのかを見える化しています。また、生徒全員に友人の進学塾さくらアカデミー代表 小笠原一樹先生の著書『勉強の方法』を配布し、その中の「2色マーカーメソッド」と「分析ノート」を徹底して身につけるようにもしています。

勉強の方法

定期テストや実力テストの前には、塾の学力テストを実施します(5月、8月、1月の年3回実施します。)ので、単に学校の定期テストでだけで点がとれればいいとの考えで学力をみていません。点数の低い科目については、個別の課題を出してフォローするようにしています。

志望校については、本人の適性に合わせて志望校の決定はしてもらいます。

高校生は、1年生・2年生は学校の教材を使用して、その教材の内容をしっかりと身につけ、将来の大学受験に備えます。
3年生は、それぞれの志望校にあわせた教材を使用しつつ、それまでの総復習をします。

いくら素晴らしい授業を受けたとしても、自分でその知識を身につけることをあとでしなければ、ほとんど意味がありません。
ですので、高校生は毎日、塾で学習するようにしてもらい、その際に出てきた疑問点を質問などで解消することによって志望校合格という目標を達成します。

授業の流れ

通常授業では、英語・数学・理科・社会・国語を学習します。塾の教材を使って予習し、その内容がきちんと身についているのかどうか細かく確認することで、わかったつもりでテストをうけることを防ぎます。
また、希望者には通常授業に加えて土曜日・日曜日の特訓授業で、例えば中学3年生は11月までは、上位高を目指すためのハイレベルな問題を演習するクラス、内申点を確保するための定期テストを重視するクラスと分けて、12月以降は本格的な入試実践対策を行います。また中学1年生・2年生に対しても、レベルを合わせた少人数授業で一層のレベルアップを図ります。

目指すところは、定期テストの対策をテスト直前にするのではなく、普段から自然にしている状態にして、テストの範囲表を受け取った時点で、本当の意味でのテスト勉強をすることが出来るようになってもらうことです。

定期テスト前勉強会「全力」&テスト当日勉強会「朝学」

定期テスト前の2週間、月曜日から金曜日まで毎日、塾でテスト勉強をし、土曜日はオンライン自習室で勉強します。
この期間は通常の授業をストップして、生徒それぞれがサクセスシートにしたがって自分自身のテスト勉強をします。塾でのテスト勉強中は、講師が常に巡回して生徒がどのような勉強をしているのか確認し、問題点があればすぐに指摘します。そして、テスト後に自分がした勉強がどのような結果になったのかを生徒と講師が把握して、今後のテストに対して行き当たりばったりの勉強をしないようにテスト毎に考えます。

また、定期テスト当日の朝は希望者に「テスト朝学勉強会」を実施して、テスト前に塾に来て、当日のテストの最終確認をしてから、学校の定期テストを受けてもらうようにもしています。

入塾の流れ

 1. 電話・ホームページ などで問い合わせてください。
 2. 塾の説明をさせて頂きます。その際に学習相談もさせて頂きます。
 3. ご納得がいきましたら入塾の手続きをしてください。

塾の概要

人生をかえるきっかけをつかんでほしい

尾方塾 塾長 尾方一男

当塾のホームページをご覧いただきありがとうございます。

尾方塾 塾長の尾方一男と申します。

集団指導塾講師・個別指導塾塾長などの経歴を経て尾方塾を開校しました。

勉強に王道はありません。

普段から問題文をきちんと自分で読み、考え、解く力をつけることが何よりも大切です。

この力を獲得するには「意識的」なトレーニングが必要になります。

そして、この「意識的」なトレーニングの過程で「自ら判断する力」を養うことになり、自分で自分の行動を考えられるようになるのです。

まずは、目の前の問題を自分で解くことからはじめ、自分が何をしたのかの記録をのこし、自分が何をしているのか把握することが必要になります。

そして、記録と結果を確認して改善できることは改善します。

そこに尾方塾が介在していきます。

この経験を積むことで、勉強を通じて試行錯誤の経験値が大きくなります。

結果として、受験にとどまらず、今後の人生においても自分のことを自分で考え決められるようになります。

まさに尾方塾に通うことが人生をかえるきっかけとなるということです。

会社名尾方塾
代表者尾方 一男
設立日2017年5月
住所兵庫県明石市魚住町清水29-2
電話番号078-940-8299

沿革

2017年 5月 尾方学習塾 設立

2018年 3月 3月までの通塾生 公立高校第一志望全員合格達成

2018年 9月 集団個別学習 開始

2019年 3月 移転を機に尾方塾に名称変更

アクセス

兵庫県明石市魚住町清水29-2