新年度の募集について 詳しくはこちら

魚住の尾方塾を「体験する」とは

その体験生の女子生徒さんは、

授業終了後も他の生徒が帰る中、

解きかけの計算問題を最後まで解いてから

一番最後に帰りました。

帰りにお迎えのお父さんから

今後ともよろしくお願いしますと

礼をしながら言われ、

その時にこの女子生徒さんも同じように

礼をしました。

授業後のお母さんとの連絡で

このような返信が来ました。

『「とても分かりやすく、楽しかった。」

と言って帰って来ました。

ありがとうございました。』

勉強を楽しんで頂けて、何よりです。

この調子で頑張れば、必ず伸びますよ!

何故そんなことが言えるのか?

このお子さんは、

以前は大手個別指導塾に通ってしましたが、

やる気なくただ塾に行っているだけの

状態になったので、

お母さんがやめさせたそうです。

子供たちだって人間です。

本当は納得したことをやりたい、

自分の力で解きたい。

そう思っています。

たとえ勉強が嫌いだとしても、

いざ問題に取り組めば、

自分の力でできた方が嬉しいのです。

その機会や時間を与えてあげるのは

大人の責任です。

「できない」を「できる」に変える意思があり、

それに集中しているか。

これが勉強の原点です。

もし、

「うちの子、お客さんになっているなと」

と感じているなら、

魚住の尾方塾という選択肢もあります。

このブログをシェア

このブログを書いた人

尾方 一男 尾方 一男 尾方塾 塾長

安易な方法を教えず、正攻法で臨みます。

目次
閉じる