新年度の募集について 詳しくはこちら

兵庫県の公立高校の入試結果が出ました。

尾方塾では公立受験者全員が合格しました。

今まで、頑張ってきた中3生の皆さん

本当におめでとうございました!

高校でのさらなる飛躍を期待しています。

さて、

志望校決定や、出願を経て入試本番まで、

今年、より強く感じさせられたことを

お伝えしておきたいと思います。

ご存知かと思いますが

一般入試は

「内申点」と「当日の学力テスト」の合計で決まります。

内申点250点、当日のテスト250点で比率は1:1です。

全国の中でも内申点の割合が高い入試です。

ですので

「内申点が足りなかったけど、当日挽回して合格した」

というケースはまれだと言えます。

その内申点は、

中3の5教科の評定の合計を4倍し、

いわゆる実技4教科の評定の合計は7.5倍します。

5科は100点、実技は150点となります。

   

実技の比重がたいへん高いことが分かると思います。

よく、

学校の先生から高評価を得るための

「授業の受け方」と「提出物の出し方」はこうだ、

といった内容の読み物やアドバイスを聞きますが、

非常に疑問です。

つけ焼き刃に対応して、

実技まで含めて高い評定を取ることは、

仮にそれができたとして、

正しい勉強法でしょうか?

学校の授業をしっかり聞いたり、

積極的に頑張るのは

アピールのためにやることではなく、

そうしたいと心から思ってできる事です。

ただ、

何度も言っていますが、

正しく学校の勉強の重要性を理解するためには

どうしても時間が必要です。

尾方塾への早めの通塾をお薦めしたい。

そう強く感じた入試でした。

このブログをシェア

このブログを書いた人

尾方 一男 尾方 一男 尾方塾 塾長

安易な方法を教えず、正攻法で臨みます。

目次
閉じる