新年度の募集について 詳しくはこちら

高校入試目前

あと3ヶ月。

「サクセスシート」を活用しての定期テスト対策「全力」も

中間テストに続き2回目。

みんながやるべきことを理解してきたなー

とすごく感心します。

期末テストの結果が今から楽しみです。

そんな塾内の盛り上がりの中、

中3生たちから、

どんどん生徒がやめている塾があると聞きました。

塾をやめるのは、

「子どもの成績が下がり続けたとき」と

「子どもの勉強のモチベーションが下がっているとき」

だと思いますが、

モチベーションについては、

今一番上がっているはずの中3がやめるのは謎です。

よっぽど、今後、成績が上がる可能性がないと判断されたのか?

どちらにしても、

塾を離れる子供達が心配です。

塾に通っているのに成績が下がることは問題です。

その原因として多いのは

子どものやる気が下がっているからということが多いです。

塾に通うメリットは、

「子どもの成績をあげること」そして

「子どもの勉強のモチベーションを上げること」です。

それなのに、

塾に通うことで子どものモチベーションが下がり、

成績が落ちているという場合は、

そもそもの成績が上がらない原因が手付かずで、ただ授業を受けているだけだからです。

子どもは「したいと思うこと」に最大限に力を使います。

勉強がしたいという風に思ってもらえれば、

成績は伸びるものなのです。

高校入試まであと3ヶ月と少しですが、

これをご覧になっていて

今の塾通いに迷いがある保護者様がいらっしゃいましたら

ご相談に乗らせていただきます。

遠慮なしにご連絡ください。

何よりも、子供たちの今が一番大事です。

このブログをシェア

このブログを書いた人

尾方 一男 尾方 一男 尾方塾 塾長

安易な方法を教えず、正攻法で臨みます。

目次
閉じる