新年度の募集について 詳しくはこちら

助けてほしいと思ったときに上手に人に頼る方法

それでも、受験直前期になると、

だれか助けてほしいという気持ちになるかもしれません。

周りに言い出せずひとりで抱え込んでしまっては大変。

また頼ることへの罪悪感がある人も多いと思います。

自分も相手も嫌な気持ちにならず、頼れる方法があります。

実際に何をしてほしいのかを明確にしないまま相談すると、

ただの慰めに終わり、根本的な解決にならない可能性が高いです。

消化不良にならないためにも、

問題点と解決方法をある程度まとめられたらいいですね。

そして、相談される方も、

頼られたら力になりたいけれど、

どうにもならない内容だと困ってしまいますよね。

人に頼るときは親しさだけで選ぶのではなく、

経験者であったりするかどうかを重視しましょう。

つまり、高校受験の悩み事にだれよりも数多く経験値を持つのは

塾の先生ですよね。

塾の先生なんか、そのためだけに生きているようなものです。

塾生はもちろん、

魚住の尾方塾にお通い以外の方でも是非ご相談にお越しください。

こちらのご相談においては、

当塾の運営に差し支えのない範囲で可能な限り承ります。

このブログをシェア

このブログを書いた人

尾方 一男 尾方 一男 尾方塾 塾長

安易な方法を教えず、正攻法で臨みます。

目次
閉じる