1学期中間テストの結果

2021年1月から、

センター試験の後継である

「大学入試共通テスト」

が始まりました。

この共通テストは、

いいままでの客観問題中心から、

大量の文章や図表を見て、

短い時間で必要な情報を読み取り、

問題の意図に合わせた答えを求める、

という設問が主体になっています。

今後、

これに合わせて、

全国の高校入試も変化していくのは

間違いないと思います。

現に、

兵庫の入試では

特に理科、社会にその傾向がすでに見られます。

そのような入試に対応するためには、

これまで以上に確実な基礎力と、

物事をすばやく処理する力が必要になります。

小学生は大いに遊び、

好きなことに

熱中してほしいと思います。

しかし、

同時に中学校の勉強やその先の高校入試も

見据えなければなりません。

小4~6年は学力の差も目立つようになり、

好きな教科・嫌いな教科が分かれてくる時期です。

お子様の得意不得意、

性格なども考慮して、

勉強のやり方や環境づくりが

重要になる時期だと考えます。

そんな、

尾方塾の考えを

小学時代から実践してくれた

魚住中のNくんとKくん。

平均340点台の今回の中間テストで

420~430点台と好結果を残してくれました。

うれしいのは、

小学時代から力を入れてきた

理科社会も高得点であったこと。

彼らにとっては、

当たり前のことかもしれませんが

これからの入試の変化を意識して

指導してたてきた私にとって

大変うれしい

報告になりました。

「飛び級」で頑張ってきた数学が

99点と100点であったことも!

小学生からの

尾方塾の通塾を

強くおススメしている理由です。

このブログをシェア
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

このブログを書いた人

尾方一夫 尾方一夫 尾方塾 塾長

安易な方法を教えず、正攻法で臨みます。

目次