新年度の募集について 詳しくはこちら

入試は中2で6割決まる。

社会で考えてみます。

地理・歴史・公民があって、

中3の夏休み前には、公民の学習が始まります。

この3分野が、入試にまんべんなく出題されるとします。

すると地理と歴史の出題が6割以上をしめることになります。

もうお分かりだと思いますが、

各科目の約6割~7割が

中2までの内容から出題になります。

「入試は中2で6割決まる」ということです。

小6から中1へ。

さまざまな変化がありました。

全てのことに初体験でスタートし、

あっという間に1年が過ぎました。

中2になって総体が終わると、中3も引退。

部活では中心メンバーとなっていきます。

一方じわじわと、学習内容も難しくなっていくのに、

「中だるみ」の学年とも言われます。

中学生活を経験した余裕があり、

受験を強く意識するにはまだ少し時間があるからです。

合格したい夢の志望校があるなら、

間違いなくこの学年が重要です。

中3になって、スパートが効くかどうかは

中2でどれだけ受験を意識したかにかかってきます。

慣れてきた生活を整理し、

新しい可能性にチャレンジする。

中2からの受験勉強スタート(=魚住の尾方塾通い)は、

大きな効果があるのは明白です。

このブログをシェア

このブログを書いた人

尾方 一男 尾方 一男 尾方塾 塾長

安易な方法を教えず、正攻法で臨みます。

目次
閉じる