新年度の募集について 詳しくはこちら

定期テスト最強暗記法

長年、塾で指導している中で

生徒さんの様々な暗記のしかたを見てきました。

暗記したつもりになっていて

実際は暗記できていなかったり、

時間はかけるが効果がない

暗記をしているところをよく見かけました。

問題は、

覚える前の作業で

覚えた気になったり

満足してしてしまっていることです。

よく教科書にマーカーを

引いてあるのを見かけます。

けれどもそれを眺めるだけで

覚えられる人はめったにいません。

また、学校の提出用に

ノートまとめが課されることがあります。

特に社会で多いですね。

このノートまとめ

はっきり言って

時間の無駄なのです。

まとめではなく写しているだけです。

その作業に時間をかけ過ぎて時間切れ…

心当たりありませんか?

まとめは覚えるためにまとめるのです。

暗記しなければ意味がないのです。

ということで、尾方塾では

「この方法」を全員徹底することにしました。

社会や理科の用語を暗記を、

プリントやノートにチェックペンやオレンジのペンで書いて

赤シートで隠して覚える方法です。

この方法は、一度覚えたものを覚えているか、

アウトプットを何度も繰り返して確かめられるので

知識の確認には最強です。

もっといいのは、

説明を読みながら用語を答える形になるので、

繰り返すと前後の関係もしっかりと覚えられます。

何より、時間もかからないので

非常に効率が良いのです。

ノートをまとめ直す時間があるなら、

その時間でチェックシートを使って

繰り返した方が圧倒的に覚えられます。

しつこいですが、

理科、社会の暗記で大切なのは

何度も繰り返すことです。

繰り返しやり続けることで、

短期記憶が長期記憶になって忘れなくなるのです。

よく暗記が苦手だと言う人がいますが、

それは苦手だと思い込んでいて

暗記することから逃げているだけです。

このチェックシート暗記法を基本の型にして

さらに工夫して自分なりの暗記の仕方まで 見つけられれば最高です。

ということで、今回のテスト前勉強会ではこちらの暗記セットを生徒全員に配布しました。

このブログをシェア

このブログを書いた人

尾方 一男 尾方 一男 尾方塾 塾長

安易な方法を教えず、正攻法で臨みます。

目次
閉じる